AI搭載 多機能翻訳機<RADITALK(ラジトーク)>+デジタルポイント1万円分

東京オリンピック迫る!
世界各国の人たちとのコミュケーションツール登場!!
その名も「RADITALK(ラジトーク)」
操作は簡単。ボタンを押して、しゃべるだけ。
自動的に複数の翻訳エンジンにアクセスし、その中から最適な訳をAIが選択。テキスト表示と併せて読み上げもしてくれます。
48言語対応
海外旅行の「お伴」はもちろん、来日外国人とのコミュニケーションが必要なシーンでも活躍間違いなし!!
語学学習の1つのツールとしても「あり!」です!!


【動画】RADITALK日本版 店頭用デモ画面

今回メディア・ファイブが取扱を行うに際して、特別プランでご提供
メディア・ファイブ公式通販サイトでご利用頂けるデジタルポイント10,000円分付で、19,800円!!

※価格は消費税別

raditalk
raditalk
raditalk

WiFiで接続
【直接、WiFiに接続する】
自宅やオフィスのWiFiネットワークはもちろん、コンビニや地方公共団体などが提供する街角のフリーWiFiスポットもご利用いただけます。
●「設定」より「WiFi設定」を選択し、WiFiネットワークの一覧から任意のネットワークを選択。
パスワードはソフトキーボードより入力いただけます。
※一部、交通機関やホテル、レストランなどで提供される認証設定が必要なWiFiネットワークはご利用いただけません。あらかじめご了承ください。
【ポケットWiFiやスマートフォンのテザリング機能を使って接続する】
使用したいシーンで、接続できるWiFiネットワークが見つからなかった場合、ポケットWiFiやスマートフォンで使用しているネットワークを使って接続することが可能です。スマートフォンでテザリング機能を使用する場合は、機能をオンに設定して下さい(使用するスマートフォンによって、テザリングの設定は異なります。例えば、iPhoneの場合、「設定」メニューから「インターネット共有」を選択し、オンに設定します。接続時に必要となるパスワードは「インターネット共有」画面で確認いただけます)。


SIMカードを使って接続
【国内で使用する】
SIMカードを使うことで、WiFiがつながらない場所で使用することができるほか、ラジトークのテザリング機能を使って、他のデバイスにネットワークを供給することも可能です。なお、SIMカードはNTTドコモ回線/ソフトバンク回線を使ったナノSIMを選択してください。
●電源をオフにしてSIMを挿入したら、起動し、「設定」→「モバイルネット」→「APN設定」を選択。APNを設定してからお使いください。なお、APNの設定内容については各SIMカード事業者のマニュアルをご確認ください。また、既に設定が済んでいる事業者もございます。その場合は、その事業者名を選択すれば、ご利用いただけます。

<動作確認済みMVNO事業者>
・AEONモバイル(Dプラン)※タイプ1、2どちらも対応
・BIGLOBEモバイル(タイプD)
・DMMモバイル
・IIJmio(タイプD)※BIC SIMにも対応
・Nifmo
・OCNモバイルONE ※BICモバイルONEにも対応
※MVNO名はアルファベット順にて表記しています。
※最新の検証データは弊社ウェブサイト(http://www.raditalk.com/japan/)に掲載しています。プランを選択する際は通話を必要としないデータSIMプランをお選び下さい(SNSも不要です)。なお、速度の遅いライトプランをお選びいただいた場合、翻訳スピードが遅くなるため、推奨しておりません。

【海外で使用する】
空港などで販売されているフリーSIMをご利用いただけます。ただし、ご購入の場合は通信規格やサイズにご注意ください。
通信規格:3G W-CDMAに対応したSIMカード
サイズ:ナノSIM(Nano-SIM)
●電源をオフにしてSIMを挿入したら、起動し、「設定」→「モバイルネット」→「APN設定」を選択。APNを設定してからお使いください。なお、APNの設定内容については各SIMカード事業者のマニュアルをご確認ください。